何回見ても感激するのはなぜだろう。手前の山は鳳凰三山。